CO2(炭酸ガス)レーザーとは

機械の特性・目的
このレーザーの光は水に吸収されます。人間の細胞には水が沢山含まれていますから、このレーザーを使うと皮膚を表面から少しずつ削っていくことが出来ます。

治療対象
皮膚を上から削っていくので皮膚表面にあるものが対象になります。具体的にはホクロや盛り上がったシミなどです。今にもつぶれそうなニキビや小さな脂肪のかたまり等に小さな穴を開けて中身を出すときにも使います

治療後の経過
ホクロを取ったときにはホクロの芯まで取るのでいったん凹んだ傷になります。2~3週間ぐらいで元の黒子より一回り小さい平らな傷になります。傷跡はしばらく赤くなりますが、徐々に薄くなります。
盛り上がったシミを取った後は擦り傷程度の傷ですので数日で治ります。盛り上がったシミ自体はその場で無くなります。しばらく少し赤くなる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。
ニキビや脂肪のかたまりを取った場合は、ほとんどあとは残りません。

注意事項
ホクロを取った後はニキビ痕のような小さな傷跡になります。傷跡はしばらく赤くなる人がいますが、数ヶ月以内に赤みは消えます。

細かいニキビ(コメド)や膿を持ったニキビを治療することも可能です。0.6mmの小さな穴が開きますが非常に小さい孔でですので、傷跡は残りません。2週間ほどできれいになります。

CO2リサーフェシング
小じわに対しては、CO2リサーフェシングという治療法があります。口元のたてじわなどにも効果があり、しかもFillerなどのように一時的なものではありません。ただ皮膚を削りますので始めのうちはガーゼで保護をしておく必要があります。